ニキビができるまで

1、何かしらの原因で毛穴が詰まる。


2、皮脂腺(皮脂等の保護や保湿の働き※1)の分泌物が外に出れず、皮膚の内側に蓄積される。
→皮脂は、産毛を伝って、皮膚表面に出て行きます。

3、毛穴に詰まることによって、塊(面皰)となります。

<白ニキビの誕生>
→初期の段階では、ニキビ周辺の皮膚の色は正常で、表面に少し盛り上がりが見られるか、
指先で触るとやっと固まりが分かる程度の状態です。
白っぽくポツンとできて毛孔がまだ開放されていない状態が白ニキビです。 ※2

 

4、白ニキビの症状が進み、肌内部に蓄積された皮脂が、毛穴を押し上げて開放され外に出てきた状況。
<黒ニキビへ進化>
※白ニキビ、黒ニキビともに、まだ炎症を起こしていない状態です。

5、毛穴に(黒ニキビ)詰まった毛穴の中で皮脂を栄養源にして、アクネ菌が繁殖し、炎症を起こす。
<赤ニキビへ進化>
※アクネ菌とは、肌表面のバランスを正常に保つ役割があり、肌に必要な菌。
嫌気性菌の為、空気のあるところでは生きられず、毛穴の奥など空気のない所に潜む。
皮脂を好み酸素を嫌う為、白ニキビや黒ニキビなどの蓄積された皮脂で繁殖する。その繁殖の過程で炎症が起きる。

 

6、赤ニキビの炎症が強くなると、膿を持った状態となる。
<黄色ニキビへ進化>
その後も放置すると、膿と血が混じった<紫ニキビへ進化>していきます。

 

© 2016 ニキビ 薬 rss